• 安さの理由
  • その他のメリット

穂高外装メンテナンスLLC.about us

穂高外装メンテナンスLLC.の特殊工法

 

 穂高外装メンテナンスLLC,はお客様へ『低価格と高品質の両立』の提供を追求した結果、足場を使わない特殊工法を採用しました。
 あまり馴染みがないかもしれませんが、ロープで壁面を降りながら各種工事の施工をしていきます。足場を必要としないため、手軽に高所にアプローチでき、着工前の調査の段階から高所壁面にも最接近でき、綿密な事前調査が可能です。また、足場費用が削減できます足場設置は高所作業では必要不可欠に考えられており、形には残らないのに外装メンテナンスを大規模にする要因になっております。

 建物のメンテナンスは、直近の工事予算はもちろん、大規模修繕や次回補修までの耐久性といった、トータル的な予算を考慮し、材料や補修の工法、程度を計画していく必要があります。

 メリット、デメリットは工事の規模や施工内容によって異なります。足場を組んだ方がメリットがある場合、特殊工法のメリットを活かせる場合、規模や施工内容で変わります。お客様の大切な資産である建物ですから、工事を依頼する場合、様々な角度から検証し、業者を選定したいものだと思います。

 穂高外装メンテナンスLLC.では、いつでも高所へアプローチできるメリットを活かし、お客様の建物のメンテナンスやリフォームの計画を立てるサポートができればと考え、無料相談や丁寧な説明の徹底など、様々な角度からの業者選定のお手伝いをし、弊社でメリットが出せれば、長いお付き合いをいただければと、考えております。

 

 

 

特殊工法は手段です

特殊工法は、一般的にブランコ工法やロープアクセス工法、無足場工法と呼ばれます。

 高所作業の手法で、屋上からロープを下ろして作業をするため、屋上へアクセスできて、ロープを吊る為の吊り元があれば、足場などの仮設設備がなくても作業ができる工法です。

 洗浄や塗装など、飛散防止の為のシート養生や水平養生は必要に応じて設置いたしますが、足場としての仮設の設置なく作業できます。(現状で固定された吊り元がない場合でも、こちらの方で現場の状況によりご提案ができる場合がありますので、一度ご相談ください。)

 下記に一般的に言われる、特殊工法のデメリットを列記いたします。

・重量物が扱えない

・施工できる建物が限定される

・施工者以外施工の確認ができない

だだ、1つだけ特記したいのは、足場を架ける工法であれ、ブランコ工法、ロープアクセス工法であれ、工事の施工をする為の手法であるということです。

 つまり、仕上がりの良し悪しは、施工をする職人に帰する、ということです。足場だから仕上がりがいいわけでもなく、逆にブランコだから仕上がりが悪いわけでもなく、仕上がりが良ければ手法を問わず、いい職人(業者)ということだと思います。

 規模や工事内容によっては、足場を組んだほうがメリットが出る場合もあります。

 やりたいことをどう実行していくか考える中で、足場、無足場のメリット、デメリットを考慮し計画していくことが大切です。

 穂高外装メンテナンスLLC.ではお客様の建物を実際に見させていただき、やりたいことや、大規模修繕のタイミングなどをお聞きさせていただいた上で、メリット、デメリットを丁寧に説明させていただきます

特殊工法の利点を活かす無料相談

 

 特殊工法での施工の利点は仮設費を低減できることです。(安さの理由参照
 利点はそれだけではありません。仮設設置のための費用や日程を低減することはお客様の業者選びの一助になるのではないでしょうか?
 穂高外装メンテナンスLLC.ではお客様のお問い合わせを受けると、ロープアクセスできる営業が訪問させていただきます(無料診断参照)。建物の構造や外壁の現状などを把握させていただきます。必要であればロープアクセスし写真や動画を撮影いたします。
 そしてお客様の予算や修繕計画に合わせメンテナンス計画提案書を提出させていただきます。
 穂高外装メンテナンスLLC.ではここまでの打ち合わせは無料で対応させていただきます。「やりたいけど、できない」を『できるかもしれない』へ丁寧な提案をいたします。

※しつこい営業はいたしません。
※すぐにの工事のための見積依頼でなくても大丈夫です。

メンテナンス計画を立てるための参考になれば、と考えております。
是非、お気軽にお問い合わせください。

 

こまめにメンテナンスできる

 

 車なら不具合が出れば車検を待たずにメンテナンスします。建物の場合多少の不具合が出ても放置される場合が多い現状です。建物のメンテナンスは車と比べ高額になります。また、建物は非常に頑丈で、しかも機械と違い不具合があっても、発見が遅れがちです。さらに患部が高所にあると、場合によっては調査、見積の段階で足場が必要になり、大規模修繕さながらの規模になってしまいます。
 建物は風雨や紫外線に加え、乾燥伸縮や熱伸縮により日々少しずつ劣化していきます。こまめにチェックするようにすれば、トータル的な費用は安く抑えられる可能性もあります。
 よく「ほかの業者さんに、このまま放置しておくと雨漏りしますよ、と、言われた」などと聞きますが、新築でも15年放置すれば雨漏りの可能性は出てきます。業者さんに指摘されるまでもなく、放置しておくと雨漏りの可能性はでできます。弊社の無料相談を活用いただき、建物の構造や建物の現状を間近で見させていただいた上で、メンテナンスのご提案をさせていただければと思います。不具合がなくても建物の現状を知っていただき、大規模修繕やメンテナンスの一助になれば幸いです。

まずは一度お気軽にご相談ください

『やりたいけど予算が、、』
足場費用がかからないので、諦めていた工事ができるかもしれません。

『他の業者にほっとくと大変なことになると言われた』
高所でも最接近してセカンドオピニオン。
※特に雨漏りやタイルの劣化、コーキングの劣化、ひび割れなど。他の業者の意見も是々非々で報告いたします。

『外装の状況がわからない』
『外装は費用が大きくなるので分割で工事したいが優先順位は?』
『相談したらすぐに工事しないといけない?』
穂高外装メンテナンスLLC.では上記のような相談は当然無料です。さらに、気になる点は写真や動画を撮ってくることも無料でできます。直近に工事の予定がなくても、建物の状況把握などのご相談もお気軽に。(無料診断参照)

『お客様の出入りがある時間帯に工事できない』
足場を設置しないので時間帯限定で工事しても無駄がありません。工期は伸びますが、無駄な費用は削減できます。(その他のメリット参照)

現場調査や、無料診断に伺うと、『何をしたらいいのかわからない』や『他の業者も相談しているんだけど、何しますか、と聞かれ、それがわからない』などと相談されることがあります。雨漏りや、ひび割れ、など、実際に対象が決まっている場合ならそういうこともないのですが、なんとなく築年数が経ってるので気になる場合などで、業者に相談して『何します?』って聞かれてもよくわからない、などの場合も一度ご相談いただければ、親身に対応することを心がけています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カタログあります。弊社へお電話いただくかお問い合わせフォームからご依頼いただければ郵送いたします。よろしくお願いします。