映画「ゴットファーザー」シリーズ

アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロといえば、やはり、ゴッドファーザーですね。なかでもやはり、一作目でしょうか、、マイケルがドンに仕立て上がる過程、暴力と権力の誘惑、表舞台と裏の顔、華やかな宴のうらでの闇取引、などなど、様々な名シーン満載の一作目が私は好きです。でも、印象にのこるのは、最終作のラストシーン、ドン・コルレオーネも最後は誰にもみとられず、一人死んでいく、、なんとも、印象に残るラスト。やはり、名シリーズですね。